探々堂


管理人が撮影した、綺麗だと思った風景や廃墟の写真を紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツ旅行記 1日目

ドイツ旅行記(って程でもないけど…)の1日目です。
長いので分割しておきます。
続きを読みたい方は「続きを読む」からどうぞ。
R0002163.jpg
朝の成田空港。
今回は初めて成田に前泊しましたが、これが楽だのなんのって。
やっぱり都内から成田まで行くのは骨が折れます。

ホテルから見た成田空港の夜景は綺麗だった。
R0002159.jpg

R0002160.jpg
登場するのはルフトハンザドイツ航空の711便。
今のご時世、国際線でも自動チェックイン機でパスポートの写真面を読みこませるだけでチェックイン出来るのは本当に便利。
スマートにチェックインを終え、手荷物を預ける為にカウンターに向かうとカウンターの係員さんは自動チェックイン機でチェックインした搭乗券を見て「ルフトハンザの航空券はカラフルでなかなか面白いので、良かったら交換させて頂きますねw」と。
いや、嬉しいけど!だったら自動チェックイン機に立ち寄る必要無かったやんw

んで、係員さんがカタカタとキーボードを叩いてる途中、突然お声がかかり「あの、今日使用する飛行機がA380という大きな飛行機なのですが、実はビジネスクラスに少しだけ空きがありまして…。今でしたら○万円でアップグレード出来るのですがいかがでしょうか?」と。

インボランタリーアップグレードきたー!

国内線だと当日空きがあればひょいっとアップグレード出来ますが、国際線じゃそうは行かない。
PEX(正規割引)航空券とは言え、かなり割引率の高い券でアップグレードの申し出があるのってなかなか無いです。
一人旅だったのが功を奏したか。

提示された○万円にちょっとだけ悩むも、この値段でビジネスクラス乗れるのはこの先の人生で二度は無いかもな…と、承諾。
いやはや、初っ端から大きな出費をしてしまった…w

R0002168.jpg

R0002208.jpg

と、言う訳でアップグレードのおかげでビジネスクラス用のラウンジも使えるって事で、荷物検査と出国審査を終えて出発時間間際まではANAのラウンジで待つ。
軽食とか色々並んでるけど、元々ラウンジなんて使う予定無かったのでドリンクを2杯ほど頂いたのみ!
う~ん…勿体無い!

R0002212.jpg
搭乗機は事前の告知通りA380-800。
客室は全席2階建てと言う、現時点で世界最大の飛行機です。
A380自体は以前イギリスに行った時、エミレーツ航空のヒースロー→ドバイ便で搭乗した事があるけど日本から乗るのは初めて。
しかし周りにいるドイツ人が皆デカい!!180cm以上は普通です。
そんな中に混ざる160cm台の日本人男性。わしゃホビットか何かか。

ビジネスクラスの優先搭乗に従い、ドイツ人に混ざって搭乗開始。
ボーディングブリッジも1階と2階に分かれてるのね…凄いもんです。

R0002216.jpg
で、待望のビジネスクラス。着席してまず思ったのは広い!デカい!そして遠いwww
元々体格の多いドイツ人に合わせて作られてるのか、前にあるマガジンラックだとかモニターだとか、身体を座席から起こさないと届きません。
足元も荷物を置いても、それでも足を伸ばせる程広々。
って言うか、足が地面に届かない。ザ・短足。

ドイツ語、英語、日本語と言う順番でアナウンスが流れる中、定刻通り成田空港を離陸。
離陸後しばらくしてベルト着用サインが消えてから、まずはおつまみとドリンクのサービス。
おつまみは何かちょっと甘みの付けられたピーナッツみたいな感じで美味。

おつまみで小腹を少し満たした後、食事のサービスがスタート。
いつもみたいにプレートが配られるんじゃなく、ちゃんとテーブルにテーブルクロスまで敷かれて、食器もちゃんとした陶器。
コースみたいに前菜、主菜、デザートと分かれて出てきます。メニューも和食込みで3種類くらい選べます。

R0002218.jpg
前菜
スモークサーモンのサラダ、きゅうり、ハーブ、チェリートマト、サワークリーム。
ミックスサラダ、赤玉葱、ラディッシュ、青梗菜、チェリートマト。

R0002221.jpg
主菜
仔牛の頬肉のマデイラソース煮込み、ハーブダンプリング、バター風味野菜。

R0002226.jpg
デザート
アッペンツェラーチーズ、ブルー・スティルトンチーズ、アップルチャツネ、くるみ。

前菜と主菜で割とお腹いっぱいになってたんで、デザートはおつまみ的にチーズ頂きました。
アルコールはそんなに飲まないので、ドリンクはアップルジュースを頂いてたんですが、日本のリンゴジュースに比べてかなり酸味が強い!
この後の旅行の間で飲んだアップルジュースみんな酸っぱかったんで、これがドイツの味なんだと思います。

機内食のサービスが終わった後は就寝タイム…だけど、昼便だから眠気もあまり無く割と暇。
ビデオプログラムにも特に惹かれる物は無かったので、たまに寝てiPhoneで動画を見てを挟みながら、大体テトリスやって時間潰してましたw

R0002228.jpg
ロシア上空…かな?10月もまだ半ばなのに雪がチラホラ見えます。

そんなこんなでウトウトとテトリスを繰り返してたら、いつの間にか北欧上空。
到着の約1時間半前に夕食(?)のサービス。

R0002235.jpg
バイエルン風ソーセージサラダ、ラディッシュ、チャイブ
グリルソーセージ、マスタードソース、パイナップルザワークラウト
アップフェルシュトルーデル、バニラソース

オクトーバーフェスト期間の間の特別メニューだそうです。
ドイツと言えばソーセージ!お味と言えば、日本で食べるソーセージより肉厚でジューシー。

食事を終えてしばらくするとベルト着用サインが付いて、フランクフルト国際空港に着陸。
2011年以来2年ぶりとなるヨーロッパ、2009年以来4年ぶりとなるドイツです。
R0002238.jpg

初めてフランクフルト国際空港に来た時は、初めてのヨーロッパって事もあって同行の元艦長くんとオドオドしてたもんですが、ヨーロッパ3回目ともなれば慣れたもの。
入国審査は定番の、この後の乗り継ぎがあるか?滞在日数は?目的は?の3つを聞かれたのみ。

にしてもドイツの入国審査は怖い。
同じユーロ圏でシェンゲン圏のフランスはパスポートだけ見せて何も聞かれずOKだったのに。
フランスが甘かっただけ?
ドイツ特有の強いイントネーションで「Days!?」「Why!?」とか聞いてくるから物怖じします。
いや、まぁ入国審査で愛想が良いのもそれはそれで考えものだけど…www

とかく無事に入国も済まし、荷物も優先ピックアップで着いたら既にターンテーブル回ってました。
フランクフルト国際空港からは市内には出ず、直接ICE(日本で言うところの新幹線)でニュルンベルクに向かいます。
そういや前回のドイツ旅行の時もフランクフルトには一泊しただけで、市内観光とかは全然しなかったなぁ…。
いつもいつも素通りばかりでごめんよ。
次来た時はフランクフルト市内も観光するからね。許せ。

R0002241.jpg
ところでフランクフルト国際空港から直接ICEで…と書きましたが、フランクフルト国際空港には何と直接ICEが乗り入れてます。
それどころか、短距離の区間では「列車」に「飛行機の便名」を付けて、飛行機の代わりに列車に乗ってもらったり。
空港に長距離列車が直接乗り入れるのって、これヨーロッパでは他にパリのシャルルドゴール空港などに例がありますが凄く便利。
飛行機を降りて一度ターミナル駅に向かう事なく周辺の主要都市まで移動出来ちゃうんです。
日本で例えるなら成田空港に直接東海道新幹線や東北新幹線が乗り入れてる感じ?
一方ではライバルとして、一方ではお互いの特性を活かして協調して…って、是非日本でも見習って欲しいところ。

R0002340.jpg
そんな訳でドイツ鉄道(DBと書いてデーベーと読むのですw)のフラッグシップ、ICE3に乗って一路ニュルンベルクへ。
チケットは事前に日本でインターネット予約をしておいたので、印刷しておいたチケットと証明代わりのクレジットカードを検札で見せてOK。
こちらの特急列車は自由席とか指定席の区分が無く、座席のトコに「この席は○○から○○まで予約済」みたいな表示がしてあって、それ以外の区間は自由に座っちゃって良いってのが面白い。

R0002352.jpg
視界の先に山が見えない、広い平野を見ると「あーヨーロッパ来たなー!」って実感する。

フランクフルト国際空港を出発して2時間弱。
時差ボケに少し眠気を感じながら、ニュルンベルク中央駅に到着。
R0002359.jpg

R0002365.jpg
ニュルンベルク中央駅前の様子。トラムが走ってるのが凄く雰囲気が良い。
右に見えるのがニュルンベルク中央駅。大きくて立派な駅舎です。

ここからホテルの道は印刷しておいた地図を参考に…と思ったらイマイチよく分からない!
ホテルの場所が旧市街地の中…と言いますか、道が複雑に入り組んでるので下手に進むと迷子になりそう。
タクシーを使うにしても近すぎる距離だし、どうしようかなー…と思った時にふと気付いてiPhoneからgoogleマップを起動。
こういう時にWi-Fiを借りておくとやっぱり重宝します。それでもやっぱり一回迷ったけどw

R0002375.jpg
途中にあった広場。ドイツの街中には時々こういう広場があって、そこにお店とか集中してるから便利。
目印にもしやすいしね。

で、この広場で写真を撮って、ふと油断してしまったのですな。
すぐ左側に目指すホテルがあったのに、何を思ったのか右に行ってしまいまして…w
おかげで15分くらいこの後ニュルンベルクをさまよいました。
比較的治安の良いドイツとは言え、夜にスーツケース抱えて見知らぬ街で迷うのは心臓に良くない。

あ、途中に「SUSHI NAGOYA」って店があったのが笑いましたwニュルンベルクまで来て名古屋。

R0002378.jpg
と、言う訳で迷いながらも無事にホテルに到着。
一度たどり着いちゃえば翌日からは大丈夫だもんね、へっへっへ。
お宿はネットで探して割と口コミが良かった「Hotel Am Josephsplatz
何と言うか…男一人で泊まるには似合わない、とってもふぁんしぃなホテル…w
フロントにいるチェックイン担当のおばちゃんが怖かったorz

流石に疲れもあって、ドイツ時間の21時にはもうウトウト…と言っても、日本ではもう朝4時くらいなんだからそりゃ眠いわな。
明日は早起きだし、時差に慣れる為にも早めに寝ておきましょう。おやすみなさい。
  1. 2013/10/27(日) 22:52:43|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドイツ旅行記 2日目 | ホーム | ミュンヘン新市庁舎>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jin77jp.blog.fc2.com/tb.php/32-0be21a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

陣

Author:陣
写真撮るのが好きです。拙い作品ばかりですが、見て頂ければ幸いです。機種は途中までRICOHのCX4、今は同じくRICOHのGRを使用しています。

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
廃墟 (3)
風景 (22)
廃線 (2)
放浪 (0)
その他 (3)
旅行記 (2)

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。