探々堂


管理人が撮影した、綺麗だと思った風景や廃墟の写真を紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツ旅行記 2日目

だいぶ間が空いてしまいましたが、ドイツ旅行記2日目です。
これ終わるまでにどれくらいかかるんだろう…。

続きを読むからどうぞ。
昨日は早く寝たおかげか(iPhoneの時計で)朝5時に起きた。
乗る予定の電車は8時33分発。流石にまだ早いので、ベッドの中で頭が起きるのを待つ。
1時間くらいして身なりを整えて、ホテルの朝食バイキングへ。

IMG_2582.jpg
前回来た時もそうだったけど、ドイツのホテルの朝食って大体こんな感じ。
ハムとかベーコンとかサラミが何種類か、チーズが何種類か、あとサーモンとかパンが並んでて少しずつ取る感じ。
朝食を食べているというより、おつまみを摘んでる感じ。
食べてるとウェイトレスの元・お姉さんが紅茶を届けてくれた。

と、ふと腕時計に目をやると、あれ!?iPhoneに表示されてる時間よりも一時間先の時間!
しまった…サマータイムの事が頭に抜けてたのか…。
慌てて朝食を取り終えて準備をして、ホテルを出る。
R0002400.jpg
今回のニュルンベルクでの宿泊先:Hotel am Josephsplatz

ホテルを出た時点で、腕時計の時間だと電車の出る時間まであと30分くらい。
ちょっと早足で歩きつつも、昨日は夜でじっくり見れなかったニュルンベルクの町並みを眺める。
R0002401.jpg

R0002409.jpg
ニュルンベルクは中世からの伝統のある町。
第二次世界大戦で町は破壊されてしまったけど、今でも旧市街は中世の城壁で囲まれてる。

R0002412.jpg

R0002436.jpg
城壁の周りは遊歩道のような感じになっていて、犬を連れた地元の方が散歩をしている姿も見えた。

R0002440.jpg
ニュルンベルク中央駅。
ホテルから中央駅までは徒歩で10分弱なのだけど、途中で立ち止まって写真を撮りながら来たら30分近くかかってしまった。

さて、時計を見ると予定の電車の出発まであと5分くらい。
撮影したい気持ちを抑え、とりあえず出発案内でホームだけ確認しておく。

R0002457.jpg
あれ?8:30?おかしいな…腕時計の時間だと9:30なんだけど…。
どうやら腕時計の時間が間違っていて、iPhoneの時間が正しかった様子。
しかしこのサマータイムという制度、普段は無縁の日本人には慣れない…。
今回は早く着いたから問題なかったけど、逆だったら…
と考えるとゾッとする。

と、言う訳で予定より1時間ほど早く駅に着いてしまったようなので、ドイツ鉄道の撮影したりしながら時間を過ごす。

R0002486.jpg
乗車するIC2160列車カールスルーエ行きは、出発時間の30分ほど前に入線。
ICEが日本で言う新幹線ならばICは特急列車。まずはこの列車でアンスバッハ駅まで。

R0002531.jpg

R0002534.jpg
出発20分くらい前の様子。出発時間までに車内はほぼ満員に。
右側は1日目の旅行記にも書いた座席の予約が表示されてる様子。
この場合は45番の席はニュルンベルクからアンスバッハまで予約済という意味。

R0002541.jpg
ドイツの鉄道のドアは地下鉄なども含めて大体手動。
新しい車両とかだと日本と同じくボタン式だけど、大体はこんな感じでハンドルを捻って開ける。
で、このハンドルが結構重いし固いしコツがいるって事で、他に降りる人がいない時など慣れない日本人が降りれず降り過ごす…って事がたまにあるとか。

R0002538.jpg
バイエルンののどかな風景を車窓から眺めながらアンスバッハへ。

R0002543.jpg

R0002546.jpg
ニュルンベルクを出て約20分、アンスバッハ駅で今度はRB(普通列車)に乗り換えて

R0002610.jpg

R0002612.jpg
さらに15分ほど乗ったシュタイナハ駅でローカル線に乗り換え。2両編成のディーゼルカー。

R0002621.jpg
綺麗な景色。今回の旅行中、車窓から見た景色の中ではこれが一番綺麗だった。

R0002628.jpg

R0002634.jpg
ニュルンベルクを出発してから約1時間!2回の乗り換えを経て、今日の目的地ローテンブルクに到着!
ローテンブルクにはバスで行くのが主流みたいなので、駅は場末感漂ういかにもローカル線の終着駅という感じ。

R0002638.jpg

R0002639.jpg
ローテンブルク駅から旧市街までは少し距離があるので、町並みを眺めながら坂道を上がる。

R0002640.jpg
町を囲む城壁の入り口の一つ、レーダー門に着きました。

R0002648.jpg
テンション上がりますね。

R0002669.jpg
おおおおおおお…!!中世の町並みだ…!!

R0002671.jpg
語彙力が乏しくて拙い表現になってしまうけど、まるでゲームの世界に入り込んだような感覚。

R0002680.jpg

R0002682.jpg

R0002683.jpg

R0002689.jpg
どこを撮っても画になるから、少し歩いては立ち止まって写真撮ってしまう。

R0002692.jpg
ローテンブルク旧市街の中心部マルクト広場に到着。
象徴である市庁舎は残念ながら工事中で、手前の方はハリボテになってますw

まずは市庁舎の展望台(写真左側の白い建物の一番上)を目指す事に。
途中で行き方分からなくて市役所の係(?)のおっちゃんに道聞いたら凄く親切に教えてくれた。

R0002705.jpg
こんな階段を上がっていきます。狭い。

R0002726.jpg
着いた!!狭い!!

R0002710.jpg

R0002712.jpg
R0002714.jpg

R0002716.jpg
R0002718.jpg

R0002719.jpg
絶景!!こういう町並みを上から眺めるのは本当の楽しい!
屋根とか建物の形まで、こういう統一された美ってのはヨーロッパならではだなぁって思う。

展望台は狭く次々に観光客が来るので、一周して写真を撮り終わったら早々と地上へ。
R0002730.jpg
しかし日本人はともかく中国人の観光客の姿をよく見かける。

R0002733.jpg
今さっき登ったばかりの市庁舎の塔を横目に見ながら…

R0002735.jpg
次にやって来たのは聖ヤコブ教会。
チケットを買う時に写真を撮っていいか聞いたら、フラッシュ使わなければOKとの事なのでここぞとばかりに撮りまくる。

R0002739.jpg

R0002757.jpg

R0002752.jpg

R0002751.jpg

R0002750.jpg

R0002773_201311140251041bd.jpg
一番右下、聖血の祭壇の下部には最後の晩餐の彫刻が掘られてます。

R0002784.jpg
街中の店には、店ごとにこういう凝った看板があってこれを見ながら歩いてるだけでも飽きない。

R0002792.jpg
次にとある知り合いの勧めでやって来た中世犯罪博物館。

R0002801.jpg
中はおどろおどろしい雰囲気でちょっと怖い。

R0002796.jpg

R0002805.jpg

R0002812.jpg

R0002823.jpg
中には中世時代の処刑道具などが所狭しと並んでました。好きな人は凄く好きそう。
解説は殆どドイツ語なのであまり分からないけど、何となく雰囲気で分かりますね…w

R0002839.jpg
中世犯罪博物館を外から。右側の大きな建物。

R0002860.jpg
観光ガイドなどでもよく写真で出てくる、ローテンブルクの有名な交差点。
奥に見える門はジーバース塔。

R0002968.jpg
歩き回ってたら、そろそろ昼時にも遅い時間…と言う事で、日本人には有名なバウマイスターハウスで昼食休憩。

R0002888.jpg
前回ドイツ来た時はファーストフードが殆どだったので、こういうレストランに入るのは初めて。
ウェイターの案内で席に付くと「Where are you from?」と聞かれたので「Japan.」と答えたら、日本語が併記されたメニューが出てくる。
せっかくなのでバイエルンの料理を食べたい…と、アップルジュースとシュバイネハクセの定食を注文。

R0002890.jpg
トマトのスープ。

R0002893.jpg
主菜のシュバイネハクセ。豚肉の脚のロースト。
ナイフで少しずつ切り取りながら食べるんだけど、これが結構のボリューム。
食べてる最中、何度かウェイターが来て「オイシー?」と日本語で聞いてくるのが面白かった。

R0002895.jpg
デザート。りんごのタルトかな。この時点でもうお腹いっぱいいっぱいだった。

お腹も十分に満たされたところで、あとは大体見たいトコは見たので地図を見ながら適当に街歩き。
R0002898.jpg

R0002906.jpg

R0002912.jpg

R0002916.jpg

R0002927.jpg

R0002941.jpg

電車の時間まであと1時間半ほど。最後に立ち寄ったフランシスカーナ教会。
R0002962.jpg

R0002951.jpg

R0002959.jpg

R0002960.jpg

R0002950.jpg
聖ヤコブ教会のように大きな教会ではないけど、小ぢんまりとしながらも荘厳な雰囲気。

R0002986.jpg
さて、楽しかったローテンブルクもそろそろおしまい。

R0002994.jpg
再び戻ってきたローテンブルク駅。最後の瞬間はいつだって名残惜しいねえ。

R0002999.jpg
また行きと同じルートを戻りながらニュルンベルクに帰ります。
アンスバッハから予約していたICは15分ほど遅れ。
その間にやって来た貨物列車が長いは大きいはで、ヨーロッパにおける鉄道物流のスケールの大きさに驚く。

ニュルンベルクに帰ってくる頃にはもはやデジカメの充電なぞ残っていなかった…。

R0003004.jpg
昼に食べたシュバイネハクセが予想以上にお腹に残っていたので、夕飯はインビス(軽食スタンド)でソーセージを買ってホテルで食べる。
好きなソーセージを指さして「das bitte!(これください)」って言うと、こうやってパンに挟んでくれるからちょっと小腹を満たしたい時に便利。

明日はホテルをチェックアウトして、ニュルンベルクをぐるっと観光してからミュンヘンに向かいます。
と、言う事で今日は早めに…おやすみなさい。
  1. 2013/11/14(木) 18:38:52|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | ドイツ旅行記 1日目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jin77jp.blog.fc2.com/tb.php/34-2672cd87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

陣

Author:陣
写真撮るのが好きです。拙い作品ばかりですが、見て頂ければ幸いです。機種は途中までRICOHのCX4、今は同じくRICOHのGRを使用しています。

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
廃墟 (3)
風景 (22)
廃線 (2)
放浪 (0)
その他 (3)
旅行記 (2)

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。